金属アレルギーとは

いつ起こるかわからない、金属アレルギーとは

金属アレルギーが疑われれば、金属を排除

金属アレルギーとは、アクセサリーなどの何らかの金属に肌が触れたりすることで起きる炎症反応をいいます。厳密にいうと、金属の他にも化粧品、洗剤、塗料、皮革などで肌が炎症を起こすことを「アレルギー性接触皮膚炎」といい、その中で金属による原因ものを金属アレルギーと呼んでいるのです。

化学薬品のような刺激物で誰にも起こるような反応ではなく、一部の方に起こる反応であるという違いがあります。ある日突然、気がついたら金属アレルギーになっていたということも珍しくないでしょう。体の免疫機能が知らないうちに徐々に変化していき、起こるからです。

代表的な症状として挙げられるのは、腫れやかゆみ、湿疹になります。金属に触れた部分だけに表れることがほとんどですが、時には全身に表れることもあるのです。少しでも思い当たる症状があれば、すぐに金属を遠ざけることをしなければなりません。ネックレスやリング、ピアスなどのアクセサリー類、下着の留め金、歯の金属など、とにかく思い当たる金属を排除するようにしましょう。

専門医でパッチテストを行い、原因を究明

あまりにも身近に金属が存在するため、まさか、こんなことでアレルギーになっていたなんて…と思う方もいるでしょう。それほど、意外と金属アレルギーになっている方は多いのです。

一度なってしまうと、原因に合わせた治療をしなければ治りにくい金属アレルギーは、単に金属が肌に触れただけで反応するのではなく、そこには汗や体液が関係しています。それらと触れることで金属イオンが溶け、新しいタンパク質となって皮膚や粘膜に存在し、そこに免疫細胞が過剰に反応して、腫れやかゆみ、湿疹などの症状が起きるのです。

もし、今、金属アレルギーになったかもしれないと思っているなら、しっかりとした専門医でパッチテストを行い、原因を徹底して探ることが重要になります。検査は億劫かもしれませんが、結局は治療と完治への近道となりますから、疎かにできないでしょう。